« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月29日 (木)

新居にて

15日の引越しから、もう2週間

0123の箱、結構な量潰してるのに、減った気がしないthink

ここへ来る前に、大量に処分したのに。。。

そもそも収納が無さすぎだしweep

それに手首を痛めた?角度によっては全く力が入らない

よりにもよって利き手だし(´;ω;`)ウッ…

そんなんで、ぼちぼち頑張ってますhappy01

20169271

越してから、曇った日が多かったんだけど、やっと晴れたsun

20169274

小春も元気good

20169232_2

近くの公園へ。行き帰りは真っ赤なポルシェでsmile

お天気の悪い日には調子もイマイチだけど、穏やかな日々

そして。。。

ご近所さんである小粒ちゃんと逢った日は、とても元気

とても上手に接してくれるから、おばあちゃんでも大丈夫

マックがいなくなっていらいのワンコの匂い

刺激になって若返ってくれるといいなぁ。。。

20169272

お邪魔した日に、おやつを分けてもらった

フードドライヤーで手作りだよ。。。スゴイネ~~

お目目輝かして「もっと頂戴~」ってshine

そんなに喜ぶんなら、かあさんも買いますかな(o^―^o)ニコ

20169273

鮭、好きだったもんねぇheart01

色んなことで、いっぱいいっぱいだったから。。。

これからは

小春の為にいっぱいいっぱい時間を使おうね





| コメント (2)

2016年9月12日 (月)

アムロジピン

先週7日に、血圧を下げる「アムロジピン」というお薬が追加になった

これが、よーく効いてくれたのか、小春の息遣いが穏やかになった

飲むまでは、起きている間はハアハアとしんどそうで、

寝ていても大きく胸が動いて「心臓頑張ってますよ!」って感じだったけど。

小春が楽そうだと、私も気持ちが楽になる(*^-^*)

これで、お薬、いくつになったのかな。。。

これが最大量らしい・・・weep

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ピモペハート 1.25mg(心臓のお薬 朝・夜)

ピモペハート 5.mg(心臓のお薬 朝・夜)

エナカルド 4mg心(心臓のお薬 朝・夜)

テオドール  2分の1(気管支拡張 朝・夜)

ルプラック (利尿剤) 1日1回

プレドニゾロン 2.5mg(抗炎症・朝)←発作(痙攣)予防

プレドニゾロン 1.25mg(抗炎症・夜) 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

改めて見るとすごい量weep

この量を人間が飲んだら、それだけでお腹いっぱいになるよね(水で)

ごはん(おじや&カリカリ)の上に乗せて飲んでくれる(食べる)小春

変な言い方だけど、小春で良かった

マックだったら、お薬飲まなくてもっと早くに心臓が壊れていたかも・・・bearing

これからも嫌がらずに飲んで長生きするんだよ~confident

P10705881

↑このベッド

脚を切って低くして貰ったけど、見えてないから

くるくる回ると頭を打ってしまうの><

危険なので撤去、廃棄となりましたdown

P10705891

お引越し先では、新しい良いベット探そうね~notes

| コメント (2)

2016年9月 8日 (木)

今日だけは・・・

泣いてもいいよね

明日からは元気になるから

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


今年の夏は堪えてるなぁ

心臓、進んでるのかなぁ

心配しつつも、どこか、まだまだ一緒にいられるって思ってた

来週、16日は引越しだから、ちょっと早めにお薬貰いに行こう

ついでにエコーもしてもらったほうがいいかな

くらいな調子で病院へ行った

そんな暢気な気分は、先生の「全身チェックしたほうがいい」の一言で吹っ飛んだ

エコー、レントゲン、血液検査

待合室での時間を長く感じる不安感

『小春の心臓は限界に近いほど頑張っている。いつ弁が壊れてもおかしくない』

のだそうだ。

引越し前に京都の先生から送られていたデータと比べると

びっくりするほど症状が進んでいた

京都の先生にも指示を仰いで下さって

お薬が、もう1種類増えた

これが効いてくれれば。。。

それでも数か月の積み重ねとか。。。

それでも

頑張って欲しいと思うのはエゴなんだろうか

言葉が話せたら、小春はどう言うのだろう

P10705861

ステロイドを飲んで、もう1年と8カ月

副作用で毛が薄くなってしまった

発作を起こした小春にステロイドは命綱

そのせいで息が上がって、心臓に負担がかかる

どうしたら、小春に一番良いのだろう

穏やかに過ごせるのだろう

| コメント (6)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »